So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<野島埼灯台>水銀漏れでピンチ 夏の観光シーズン目前、一般見学中止(毎日新聞)

 房総で人気の観光スポットがピンチ−−。南房総市の野島埼(のじまざき)灯台で、灯火の光源とレンズを回転させる装置から水銀が漏れていたことが10日分かった。銀色の液体が床にこぼれているのを見学者が先月30日に発見し、灯台を管理する千葉海上保安部が水銀の飛散を確認した。有毒だが、見学者への被害は確認されていないという。安全確保と原因究明のため同31日から一般見学を中止し、再開は8月ごろとなりそうだ。【米川康】

 灯火の回転装置は、遠くへ投光するための重さ約1トンのレンズと光源を比重の大きな水銀の中に浮かべている構造で、モーターの小さな力でスムーズに回る。横浜市の第3管区海上保安本部などによると、装置の容器(水銀槽)には約220キロの無機水銀が入っているが、漏出量はごくわずかだという。水銀槽は100年以上前から使用されており、回転装置を分解して原因を調べるとともに、レンズの回転ムラや角度のずれを取り除く作業を進めている。

 同保安本部は「無機水銀は有機水銀より毒性が低い。危険なため、7月下旬まで一般見学を中止することにした」と説明している。

 ◇起源は江戸時代

 野島埼灯台は、徳川幕府が1866(慶応2)年に西欧列強と結んだ条約により建設された全国八つの灯台の一つ。房総半島の最南端にあり、フランス人技師により設計された高さ約29メートルの白い八角形の洋式灯台で、「日本の灯台50選」にも選ばれている。一帯は南房総国定公園に指定され、雄大な太平洋が望める人気の観光名所。

【関連ニュース】
野島埼灯台:水銀漏れでピンチ 夏の観光シーズン目前、一般見学中止 /千葉
犬吠埼灯台:国の有形文化財、登録証とプレート伝達式 /千葉
崎山灯台まつり:海上安全へ−−七尾 /石川
友ケ島灯台:あすから2日間公開−−海保 /和歌山
憂楽帳:消える灯台

<囲碁>本因坊戦第3戦 山下天元、持ち前のパワーを発揮(毎日新聞)
山菜採りの男性3人遭難か(産経新聞)
はやぶさ 「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
荒井国家戦略相、職員に訓辞も疑惑説明せず (産経新聞)
他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)

PCI背任、元社長ら無罪確定へ 東京高検が上告断念(産経新聞)

 中国での遺棄化学兵器処理事業をめぐり、大手建設コンサルタント会社「パシフィックコンサルタンツインターナショナル」(PCI)に不要な支出で約1億2千万円の損害を与えたとして、特別背任罪に問われたPCI元社長、荒木民生被告(73)を無罪とした東京高裁判決について、東京高検は24日、上告しないと発表した。荒木被告の無罪が確定する。

 東京高検の渡辺恵一次席検事は「明確な上告理由は見出せなかった」とのコメントを出した。

 高裁判決は、検察側が「不必要」としたグループ会社への事業委託費支出について「グループ会社への支援として許容しうるもので、経営判断として一定の合理性がある」と指摘し、1審に続き無罪とした。

 荒木被告と同様に特別背任罪で無罪となったPCI元社長、森田祥太被告(68)=法人税法違反罪で有罪判決=についても高検は上告を断念した。

【関連記事】
PCI特別背任事件 崩れた検察側の立証構図
PCI特別背任事件で元会長に無罪判決 東京地裁
遺棄化学兵器処理プラント 日中、見送りで合意 数千億円に事業圧縮 
詐取金は銀座や赤坂のクラブで散財 「開発設計コンサルタント」元部長代理を逮捕
西日本高速が米国で合弁 道路点検事業
中国が優等生路線に?

江本氏の比例公認決定=国民新(時事通信)
【虐待はどんな傷を残すのか】(3)ネグレクトからの救出(産経新聞)
パロマ元社長ら有罪確定へ=一審有罪、控訴しない方針(時事通信)
6月に「都市型軽費老人ホーム」整備の説明会―東京都(医療介護CBニュース)
普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」(産経新聞)

山口組系組幹部を逮捕=500万円恐喝容疑−ビル管理男性から・警視庁(時事通信)

 雑居ビルのテナント入居をめぐり、知人男性から現金約500万円を脅し取ったとして、警視庁が恐喝容疑で、指定暴力団山口組系暴力団組長(46)を逮捕していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、組長は当時、山口組傘下の後藤組幹部だった。逮捕容疑では、組長は2004年、後藤組が使用していた新宿区の雑居ビルにテナントを入れたとして、ビル管理を任せていた知人男性から現金約500万円を脅し取った疑い。 

【関連ニュース】
ホステスは16歳=風営法違反でスナック摘発
デリヘル依頼の男性恐喝=容疑で山口組系組員ら逮捕
詐欺容疑で山口組系組員ら逮捕=住宅ローン名目で4600万円
家賃減免詐欺で組長逮捕=市営住宅で虚偽申請
暴力団組幹部ら2人を逮捕=偽バイアグラ事件

どんたく見物の女児盗撮狙う、34歳男を逮捕(読売新聞)
元大和郡山市議、無罪確定へ=融資詐欺、控訴断念−奈良地検(時事通信)
輿石氏「タコは逆風のほうが高く揚がる」 小沢氏、来週から全国遊説スタート(産経新聞)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
署課長代理を懲戒免職=特定女性に痴漢−警視庁(時事通信)

<名古屋市議会>民主党市議団 報酬削減の検討会設置へ(毎日新聞)

 名古屋市議会の民主党市議団は22日、議員報酬削減や適正な議員定数を議論するため、市民や有識者などによる検討会を市条例に基づき設置する方針を明らかにした。報酬や定数の半減を求め「議会は対案を示すべきだ」と批判を強めている河村たかし市長に対抗する狙いで、各会派に参加を働き掛ける。

 議会が2月定例会に提案、成立した市議会基本条例は、定数や報酬について「制定する時は、民意を聴取するため参考人制度、公聴会制度などを活用する」としており、同条例に基づき、検討会を設置する。諸隈修身・同議員団長は「必要なら参考人として(河村たかし)市長の意見も聞く」と述べた。

 共産党市議団も第三者委員会を設けて報酬や定数を見直すよう各会派に提案している。【丸山進】

【関連ニュース】
名古屋市議会:恒久減税案など 委員会で全会一致で否決
名古屋市議会:恒久減税など再提案 可決可能性低く
名古屋市議会:条例に基づく初の報告会 市民100人参加
名古屋・河村市長:持論展開「減税しないと天下り天国に」
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん

<松本清張賞>村木嵐さんの「マルガリータ」に(毎日新聞)
エア・ドゥ機が羽田引き返し=異常表示で右エンジン停止(時事通信)
「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)
認定こども園、532施設=京都など3府県がゼロ−文科・厚労両省(時事通信)
<梅>偕楽園の3000本が満開 水戸

殺人 短期マンションで腹刺され男性死亡 外国人か…三重(毎日新聞)

 18日午後7時50分ごろ、三重県鈴鹿市算所の県警鈴鹿署平田交番に外国人ふうの男性が訪れ「隣の部屋でけんかがあり、通路で人が倒れている」と届けた。署員が男性とともに同市道伯4の短期賃貸マンションに行くと、3階の通路で外国人ふうの男性が腹などを刺されて倒れており、搬送された病院で死亡が確認された。同署は殺人事件として調べている。

 同署によると、死亡した男性は40〜50歳くらいで、左脇腹や左胸などを刺されていたという。凶器は発見されていない。交番を訪れた男性によると、同日午後7時40分ごろに刺されたらしい。

 現場は近鉄鈴鹿線平田町駅の南東約1.5キロの住宅街。近くに自動車関連工場がある。09年8月まで現場のマンションに住んでいたという男性(41)は「住人の8割くらいは外国人だった」と話した。【大野友嘉子、谷口拓未、大原隆】

<井上靖>書斎が旭川へ…遺族が生まれ故郷の市記念館に寄贈(毎日新聞)
事務系副大臣を検討 仙石氏、次官廃止し官僚起用(産経新聞)
藤原竜也さん「井上さんの遺志引き継ぎ頑張る」(読売新聞)
大阪市の虐待通報、前年度比の1・5倍に 児相の人手不足深刻(産経新聞)
ブルトレで九州一周!“贅沢”な旅、完売間近(産経新聞)

民主の外交安全保障政策「評価できる点はあまりない」 愛媛「正論」懇話会(産経新聞)

 愛媛「正論」懇話会の第21回講演会が19日、松山市の松山全日空ホテルで開かれ、京都大学大学院教授の中西寛氏が「岐路に立つ日本の外交・安全保障政策」をテーマに講演した。

 中西氏は鳩山政権の外交安全保障政策を「評価できる点は少ない」と指摘した上で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について「日本が県外施設をきちんと整備するなら米国も現行案以外を検討するだろうが、地図上でああだこうだ言っている現状では米国は受け入れない」と苦言を呈した。また、鳩山政権が目指す5月末の決着は「不可能だろう」とも述べた。

 中国の台頭など日本を取り巻く安全保障の変化から、日本の集団的自衛権行使の容認を主張し、「国家が自立意識をしっかりさせ、1人1人が国際的視野を持たないと日本の展望は開かれない」と訴えた。

【関連記事】
日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も
出席は1人だけ!? 日米公聴会への関心薄い米議員
「首相は外交も下手だし、詰めも甘い」社民・阿部氏
「友愛」で日本は守れない 岡田外交“不作為”の意味 
オバマ「責任取れるのか」 鳩山首相の「普天間5月決着」に不信感

平等院鳳凰堂 CGでよみがえる色や文様(毎日新聞)
子宮頸がんワクチン 国の費用負担求める声(産経新聞)
普天間問題 来月末の合意断念 官房長官、首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も(産経新聞)
調査捕鯨の鯨肉 値下げし販売へ(産経新聞)
高速新料金制度法案、与党委員長が異例の反対(読売新聞)

幹事長に園田氏、参院代表・藤井氏…平沼新党(読売新聞)

 新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表、与謝野馨共同代表ら国会議員5人は12日、都内で会合を開き、園田博之・元官房副長官を党幹事長に起用する人事を決めた。

 藤井孝男・元運輸相は参院代表、中川義雄参院議員は参院幹事長にそれぞれ就任する。

 会合には、石原慎太郎・東京都知事も参加し、今夏の参院選では、「10議席以上の獲得」を目標とすることを確認。公約についても、10日の発足時に発表した基本政策をさらに具体化させ、早期に発表することを決めた。藤井参院代表は会合後、記者団に、「(参院候補者は)公募も含めて幅広く募りたい」と述べた。

 園田氏の幹事長起用は、新党さきがけ出身として、自民党以外にも与野党に幅広い人脈を持ち、政策にも通じている点を考慮したものだ。

拠点アパートに大量の薬物 覚醒剤密売のイラン人の男3人を逮捕(産経新聞)
<将棋>三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)
「鳩山首相、4年は続けて」…菅財務相(読売新聞)
支持率低迷で首相「政治とカネで改革見えない」(産経新聞)
石原知事、参院選出馬「ありません。あり得ません」(産経新聞)

「酒気帯びで免職」重過ぎ?滋賀県教委が緩和(読売新聞)

 滋賀県教委は1日、飲酒運転をした教職員の懲戒処分について、原則的に「免職」としていた基準を緩和した。

 酒酔い運転は免職のままだが、酒気帯び運転は、軽度の人身事故や物損事故、交通違反では停職にとどめる場合もある。

 2006年8月に起きた福岡市職員の飲酒運転による幼児3人死亡事故を受けて、滋賀県と県教委は同年9月、教職員を含む全職員を対象に、酒酔い・酒気帯び運転をすれば原則免職とする基準を設けていた。

 しかし近年、職員の飲酒運転の厳罰化に取り組んだ地方自治体の処分を巡り、「免職は重すぎる」として取り消す司法判断が相次いでおり、基準を見直すことにした。

 滋賀県内では、07年度1人、08年度2人、09年度2人の教職員が飲酒運転により、免職処分となっている。

 交通事故被害者の遺族らでつくる「TAV交通死被害者の会」(大阪市)事務局の米村幸純さんは、今回の措置について、「裁判対策のための緩和としか思えない。教職員は社会規範を子どもに教える立場にある。これでは意識の低下や気の緩みにつながりかねない」と話している。

医薬品ネット販売規制は「合憲」(医療介護CBニュース)
<核兵器廃絶>プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに(毎日新聞)
「弁護士バー」12日オープン (産経新聞)
飲酒運転3人死傷、車の所有者を書類送検(読売新聞)
「政治とカネ」解決策など検討指示 鳩山首相(産経新聞)

<迷い犬>殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)

 山口県下関市の私立早鞆(はやとも)高校1年、冨田由実さん(16)が先月、車にはねられた犬を見つけた。犬には首輪があり、右の前脚を骨折していた。市の動物愛護管理センターに引き取られたが、飼い主が現れなければ殺処分になる運命。「何とか助けたい」。冨田さんは友人の手も借りてメールやチラシを配り、飼い主を捜した。飼い主が見つかったのは、殺処分のわずか5時間前だった。

 この犬は市内の女性が飼う雑種の「アイ」(3歳、雌)。2月27日夕、下関市幡生町の知人の家に遊びに行った冨田さんが、路上でけがをして鳴いているアイを見つけた。ひき逃げされたとみられる。動物愛護管理センターが犬を引き取りに来たが「飼い主や里親が現れなければ、約2週間後には殺処分される」と耳にした。

 あまりに無情な「宣告」。数日間、気の重い日が続いた。「なぜ人間は、ひき逃げなんてできるん。ひかれた犬をさらに殺すなんてできるん」。級友に思いをぶつけた。

 「ひいたのも人間。それなら助けることもできるんじゃない?」。冨田さんの思いに共鳴した級友らが次第に集まり、アイの飼い主捜しが始まった。

 「知っている人、『コメ』(返事)ください」。飼い主を捜すメールが、友人から友人へどんどん広がった。アイの写真を載せたチラシも100枚作り、骨折の治療費も募った。チラシを目にした市内の女性が「うちの犬では」とセンターに名乗り出たのは、タイムリミットの3月13日だった。

 飼い主の女性は「アイがいなくなって夜も眠れなかった。本当に感謝しています」と語っている。

 下関市では年間約400頭の犬が殺処分されている。センターは飼い主が見つからない犬や猫をホームページで公開し、譲渡会も開いているが、それでも殺処分は後を絶たないのが現実だ。「アイは助かったけれど、毎日多くの犬や猫が殺処分されると思うとつらい」と冨田さん。今度は、センターの里親捜し事業を紹介するチラシを作ろうと、友人たちと話し合っている。【尾垣和幸】

【関連ニュース】
不審死:路上に男性遺体、頭などから出血 北海道・北見
3人死亡ひき逃げ:同乗者の男3人を不起訴に 名古屋地検
ひき逃げ容疑:100メートル引きずり、はねる 女逮捕
DNA誤登録:採取時、記名せず…神奈川県警
沖縄米軍ひき逃げ:女性3曹「基地内で飲酒」

数日前、「長官車ですか」=現場周辺で複数不審男−銃撃事前調査の疑い・警視庁(時事通信)
国歌斉唱「声小さい」 橋下知事、任命式で一喝(産経新聞)
「伯母死んだ」4回、ウソ忌引で県職員を処分(読売新聞)
“票田”要望丸のみ 国民新が郵便局長会へ文書 定年延長など成果報告(産経新聞)
高速無料化案 8割が「公約違反だと思う」(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。