So-net無料ブログ作成
検索選択

<名古屋市議会>民主党市議団 報酬削減の検討会設置へ(毎日新聞)

 名古屋市議会の民主党市議団は22日、議員報酬削減や適正な議員定数を議論するため、市民や有識者などによる検討会を市条例に基づき設置する方針を明らかにした。報酬や定数の半減を求め「議会は対案を示すべきだ」と批判を強めている河村たかし市長に対抗する狙いで、各会派に参加を働き掛ける。

 議会が2月定例会に提案、成立した市議会基本条例は、定数や報酬について「制定する時は、民意を聴取するため参考人制度、公聴会制度などを活用する」としており、同条例に基づき、検討会を設置する。諸隈修身・同議員団長は「必要なら参考人として(河村たかし)市長の意見も聞く」と述べた。

 共産党市議団も第三者委員会を設けて報酬や定数を見直すよう各会派に提案している。【丸山進】

【関連ニュース
名古屋市議会:恒久減税案など 委員会で全会一致で否決
名古屋市議会:恒久減税など再提案 可決可能性低く
名古屋市議会:条例に基づく初の報告会 市民100人参加
名古屋・河村市長:持論展開「減税しないと天下り天国に」
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん

<松本清張賞>村木嵐さんの「マルガリータ」に(毎日新聞)
エア・ドゥ機が羽田引き返し=異常表示で右エンジン停止(時事通信)
「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)
認定こども園、532施設=京都など3府県がゼロ−文科・厚労両省(時事通信)
<梅>偕楽園の3000本が満開 水戸
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。