So-net無料ブログ作成
検索選択

民主の外交安全保障政策「評価できる点はあまりない」 愛媛「正論」懇話会(産経新聞)

 愛媛「正論」懇話会の第21回講演会が19日、松山市の松山全日空ホテルで開かれ、京都大学大学院教授の中西寛氏が「岐路に立つ日本の外交・安全保障政策」をテーマに講演した。

 中西氏は鳩山政権の外交安全保障政策を「評価できる点は少ない」と指摘した上で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について「日本が県外施設をきちんと整備するなら米国も現行案以外を検討するだろうが、地図上でああだこうだ言っている現状では米国は受け入れない」と苦言を呈した。また、鳩山政権が目指す5月末の決着は「不可能だろう」とも述べた。

 中国の台頭など日本を取り巻く安全保障の変化から、日本の集団的自衛権行使の容認を主張し、「国家が自立意識をしっかりさせ、1人1人が国際的視野を持たないと日本の展望は開かれない」と訴えた。

【関連記事】
日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も
出席は1人だけ!? 日米公聴会への関心薄い米議員
「首相は外交も下手だし、詰めも甘い」社民・阿部氏
「友愛」で日本は守れない 岡田外交“不作為”の意味 
オバマ「責任取れるのか」 鳩山首相の「普天間5月決着」に不信感

平等院鳳凰堂 CGでよみがえる色や文様(毎日新聞)
子宮頸がんワクチン 国の費用負担求める声(産経新聞)
普天間問題 来月末の合意断念 官房長官、首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も(産経新聞)
調査捕鯨の鯨肉 値下げし販売へ(産経新聞)
高速新料金制度法案、与党委員長が異例の反対(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。